なぜ、幼児教育が重要なのか?

幼児教育にどんなイメージをお持ちでしょうか?
少なくともカイルアインターナショナルスクールでは、

幼児教育 = 英才教育 ではありません!

その一番の理由は、全ての子供達は、光り輝く原石であり、無理に詰め込む必要はなく、
本来、その子が持っている、その子なりの輝きを引き出すものだと考えています。

では、私達、カイルアインターナショナルスクールの幼児教育では
何を教育していくのでしょうか?

私達、カイルアインターナショナルスクールでは、【 学習 】することを教育していきます
学習という言葉の本来の意味は、 学ぶ = 真似をする ことを習慣化することです

言葉の意味の本質を捉えて、カイルアインターナショナルスクールの【 幼児教育 】とは
人が生きていく為、これからの人生を過ごす為に大人(成功者・自己実現を達成している大人)の
真似をする習慣を教え育てていくことです

その為に、どんな人生をあなたは目標としていますか?
子供達に願う人生とは何でしょうか?


続きはこちらへ





インターナショナルコース

いろいろな海外の場面で子供や大人達をじっくり観察して感じたことがありました。 言葉がうまく話せなくても楽しくコミュニケーションがとれている人もいれば、母国語同士なのにいじめやケンカがおき、人間関係に悩む人がいます。 そんな現状を見て、

『本当の国際人とは?』という疑問に直視してきました

英語が話せるだけでいいのだろうか?英語が話せても「人間関係」が形成できなければ同じことではないのか?母国語同士でも人間形成ができない子に育ってしまっていいのだろうか?

『ヒューマンリレーションがとれた本当の国際人を育む為には?』

この答えを持った教育文化がハワイアンカルチャーでした
母国語を持ち、自国文化の土台の上に、自然な英語のバイリンガル教育、多様な人種・民族・文化の共生の知恵を生かしバランスの良い教育文化を日本に持ち帰りました!



ハワイ教育文化の特徴を生かしたカイルアインターナショナルスクールの

   

5つの特徴とは?

   

①バイリンガル教育

クラスの生活、全てが英語
少人数制の完全英語保育で、自然体に英語を覚えていきます

②多様な文化を受け入れる教育

ハワイアンカルチャーの一環として、フラダンス・ハワイアンクッキング
その他、空手・アメリカのKIS体操・インド式算数・ユダヤ式道徳など
ハワイの文化を楽しみながら、他国の文化の良いところを
カリキュラムに取り入れています

③社会生活に密着する教育

主に公園での外遊びを通して、社会ルールを実際に学んでいきます
まだ、地域イベントにも積極的に参加し世代を超えた交流を深め、
大人になるに必要な人間関係の観察の場を増やしています

④人間関係を大切にした家族教育

縦割り保育を活用して、年長・年少それぞれが互いに思いやる優しさを育み
家族の大切さを学びます

⑤命を大切にする教育

芋栽培の半年プロジェクト 生物の観察を大切にして、
食するまでの中から命の流れを学びます
また、クッキングカリキュラムを通し、生きるとは?食とは?命とは?を
学んでいきます


ハワイアンカルチャー